試合結果から見る錦織vsカルロビッチ

スマホの方は横画面にして御覧ください

2019 2月

1
2
3
4
5
  • △ご予約に関しては要問合せ
6
7
8
  • 9時~12時
  • スポットレッスン
9
  • ×終日ご予約不可
10
11
12
  • △ご予約に関しては要問合せ
13
14
15
  • 9時~12時
  • スポットレッスン
16
17
18
19
  • △ご予約に関しては要問合せ
20
21
22
23
24
25
  • ×終日ご予約不可
26
  • △ご予約に関しては要問合せ
27
28

こんにちは。
形を教えないテニスコーチの古川真澄です。

錦織選手の2回戦
カルロビッチ戦ですがマッチサマリーを見てみましょう。

注目すべきはカルロビッチのエースとウィナーの数です。
エース…59
ウィナー…89
合わせて148ポイント!!!
(単純計算で37ゲーム分ですね笑)

カルロビッチの総取得ポイントが162であることを考えると
90%以上が簡単に取ったポイントです。

これって相当な数字ですよね。

もちろんカルロビッチの弱点として
エラーの多さが挙げられますが、
今試合では43個のアンフォーストエラーをしています。

錦織の総取得ポイントが166なので
約26%がカルロビッチのミスで取ったポイントと言えます。

よく「ミスはするな!」と言われますが
ここまでエースを取る自身がある人は
ぜひチャレンジしてみてください笑

もちろんこれだけの質の試合を勝ちきった錦織選手の素晴らしさは
言わずもがな…ですが。

この試合結果を見て
「やはりミスが少ないほうが有利!」と
大多数の方が感じることでしょうが、

試合内容を見ると
とてもそんな簡単にまとめることはできませんでした。

なので、”あえて”カルロビッチ目線の記事です笑

ここまでお読みいただきありがとうございます。

【ブログランキングに参加してみました。】
よろしければ1クリックお願いいたします。


テニスランキング

ご予約・お問い合わせ

24時間受付中
片道30kmまで交通費無料!
2時間¥12,000~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です