実践的な練習のために…

イベントレッスン日程

スマホの方は横画面にして御覧ください

2019 9月

1
  • ✕終日ご予約不可
2
  • ご予約に関しては要問合せ
3
  • ✕終日ご予約不可
4
5
  • ✕終日ご予約不可
6
  • 9時~13時
  • スポットレッスン
7
8
9
  • ご予約に関しては要問合せ
10
  • ご予約に関しては要問合せ
11
12
13
  • 9時~13時
  • スポットレッスン
14
15
16
17
18
19
20
  • 9時~13時
  • スポットレッスン
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  • ご予約に関しては要問合せ

こんにちは。
形を教えないテニスコーチの古川真澄です。

テニススクールでプレーしている方の大半は
“打ち方はキレイなのに、ラリーが出来ない”
という症状にかかっています。

正確には
コーチとのラリーは出来るけど、
生徒さん同士では出来ない…といった方々です。

これってどういうことかというと
「飛んでくるところがわかっているボールは打てる」という
一種のレッスン病です。

「次バックハンドに行きますよー!」
なんていう声掛けとともに、絶妙に打ちやすいボールばかり送ってくれる…

こんなことばかり繰り返していても
ラリーの能力は磨かれません。

なのでそういった方にはひたすらラリー練習を取り入れることが多いです。

フルスイングではないですし、
強いボールでもないですが、
【振り切ったスイングで打たれたボール】を
打つ練習を繰り返してもらいます。

モチロン、闇雲にラリーばかりしていても
無茶苦茶な打ち方になりやすいですが、
そんなときにはすぐに球出しの練習に戻って確認します。

これがプライベートレッスンの良いところですね笑

よくあるレッスンだと
球出し→ラリー練習の流れは絶対ですが、

プライベートレッスンだと
ラリー→球出し→ラリーといった
反復練習を繰り返すことが出来ます。

「仲間内で打ち合いができれば良いの~」
という、意外に高いハードルを越すためにも
プライベートレッスンは有効です笑

ここまでお読みいただきありがとうございます。

【ブログランキングに参加してみました。】
よろしければ1クリックお願いいたします。


テニスランキング

ご予約・お問い合わせ

24時間受付中
片道30kmまで交通費無料!
2時間¥12,000~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です